【公演延期】

劇場公演

川口隆夫

『大野一雄について』

5月24日[日]–14:00

草月ホール

アクセス


[料金]
前売 3,500円|当日 4,000円

About

伝説的舞踏家・大野一雄について、一方ではその動きを記録映像から「完全コピー」することで忠実に再現し、他方ではその世界観の大胆な再解釈を試みる話題作を、7年ぶりに東京で再演。
2013年初演以来、世界38都市で上演を重ね、2016年ニューヨーク公演はベッシー賞にノミネートされました。

川口隆夫|Takao Kawaguchi

1996年よりパフォーマンスグループ「ダムタイプ」に参加。2000年よりソロ活動を開始する。2013年に初演した『大野一雄について』は世界各地で高い評価を受け、ベッシー賞ファイナリストにもノミネートされた。東京国際レズビアン&ゲイ映画祭のディレクター(1996~99)、イギリス実験映画監督デレク・ジャーマンの著書『クロマ』の翻訳(2003)、短編映画『KINGYO』(エドモンド楊監督、2009ヴェネチア映画祭正式招待作品)への出演等、その活動は多岐に渡る。