このプログラムを視聴するには 参加登録 をお願いします。

2021年5月22日(土) 19:30配信開始

飯名尚人+川口隆夫川村美紀子松岡大 『三』

構成: 飯名尚人 / 出演: 川口隆夫、川村美紀子、松岡大

土方巽、大野一雄、大野慶人——この3人の運命的な出会いが舞踏の着火点となりました。川村美紀子が土方巽の『疱瘡譚』、川口隆夫が大野一雄の『ラ・アルヘンチーナ頌』、松岡大が大野慶人の『土方三章』を厳密に再現。3Dホログラムディスプレイと3台のモニター、そして「舞踏出来事ロジー」のイラスト約50点を展示した旧博物館動物園駅の駅舎内で、オムニバス形式でパフォーマンスします。踊りのアーカイヴの可能性を多面的に探る複合的なプログラムです。

Artist

飯名尚人|Naoto Iina

映像作家・演出家・ドラマトゥルク・映像セノグラファー・プロデューサー。Dance and Media Japan主宰、国際ダンス映画祭主宰。東京造形大学准教授、座・高円寺劇場創造アカデミー講師 。映像・身体・言葉を用いてジャンル横断的作品を手掛ける。オンライン舞踏番組「Re-Butoooh(リ・ブトー)」(NPO法人ダンスアーカイヴ構想)では、演出・構成・撮影・編集を担当している。

川口隆夫|Takao Kawaguchi

1996年よりパフォーマンスグループ「ダムタイプ」に参加。2000年よりソロ活動を開始し、演劇・ダンス・映像・美術をまたいでパフォーマンスの幅広い可能性を追求する。08年より私的パフォーマンスシリーズ『a perfect life』を展開し、13年に第5回恵比寿映像祭に参加。近年は舞踏に関するパフォーマンス作品『ザ・シック・ダンサー』(田辺知美と共に、12年)、『大野一雄について』(13年)を発表。後者はニューヨーク・ベッシー賞にノミネートされ、18年にはパリ市立劇場でも上演された。

川村美紀子|Mikiko Kawamura

1990年生まれ。16歳よりダンスを始め、2011年より本格的に作品を発表。新人賞を総なめにし、日本ダンス界の新鋭として話題を呼ぶ。国内外で発表を重ね、16年にはフランス国立ダンスセンターおよびCCN/Rを拠点に、パリ、リヨン、グルノーブル、マルセイユ、ル・アーブルにて半年間の滞在制作を行う。劇場にとどまらず、屋外やライブイベントでのパフォーマンス、映像・音楽制作、アクセサリー製作など、活動を多彩に展開。2019年より南房総へ移住。

松岡大|Dai Matsuoka

2005年より山海塾に舞踏手として参加。『金柑少年』『とばり』『卵熱』『ARC』などの主要作品に出演中。11年より、街を歩きながらミュージシャンとダンサーによるパフォーマンスを鑑賞する「LAND FES」を主催。18年より小田原市にて、障がいのある人ない人共にダンスを創る「スクランブル・ダンスプロジェクト」で講師を務める。様々な舞踏家によるオンラインレッスンプラットフォーム「BUTOH CHOREO LAB」主宰。

作品の公開初日には、作品上映後に続けて「BUTOHスナック第3夜」をライブストリーミングします

飯名尚人 × 川口隆夫 × 川村美紀子 × 松岡大