このプログラムを視聴するには 参加登録 をお願いします。

2021年6月13日(日) 19:30配信開始〜8月15日(日)

川口隆夫ディレクション企画 「舞踏 ある視点」

生西康典 『棒ダチ 私だけが長生きするように』

撮影:石田ミヲ

『火影に夢を見る』(撮影:前澤秀登 Hideto Maezawa)2015年/演出:生西康典/出演:首くくり栲象、山崎阿弥

奇跡の園: 『奇跡の園』(撮影:高木由利子 Yuriko Takagi)2017年/演出:生西康典/出演:首くくり栲象、藤原芽生

出演: 橋本清(ブルーノプロデュース、y/n)、冨田学 / 照明・美術: 小駒豪

音や空間に注目した独自の演出で知られる生西康典が、土方巽のテキストを演劇作品化。「病める舞姫」と「慈悲心鳥がバサバサと骨の羽を拡げてくる」の言葉が声となり、演者の身体を通して、地下空間に響き渡ります。

川口隆夫ディレクション企画 「舞踏 ある視点」

1960年代の日本で始まった舞踏は、国境やジャンルを超えて、様々なアーティストに影響を与えてきました。本シリーズでは、『大野一雄について』で舞踏の世界に大胆に切り込んでいったパフォーマー川口隆夫が、この芸術様式のアヴァンギャルドな実験精神を引き継ぐアーティストたちに新作を委嘱。ダンス・演劇・音楽・映像・美術とジャンルを横断するパフォーマンスの数々を通じて、「舞踏」の姿を浮かび上がらせると同時に、その周囲に広がる豊かな創造と未来を見つめることを試みます。
撮影は、京成電鉄株式会社の駅舎として1930年代に作られ、「東京都選定歴史的建造物」にも選定されている歴史ある地下空間、旧博物館動物園駅を舞台に展開します。
協力:京成電鉄株式会社

Artist

生西康典|Yasunori Ikunishi

1990年代中頃から映像作家、VJとして活動。山口小夜子と舞、朗読、映像による舞台作品(03~07年)を手掛けた後、10年代からは映像よりも空間で観客と協同で起こすことに興味を移し、音によるインスタレーション『おかえりなさい、うた』(10年/東京都写真美術館)を制作。現在はインスタレーション、舞台作品の演出を行っている。主な舞台作品に、首くくり栲象との『奇蹟の園』(17年)、その日集まった人たちとその場でつくり、その日の夜に公演する『日々の公演』(18年)。13年より、美学校「演劇 似て非なるもの」の講師を務める。

作品の公開初日には、作品上映後に続けて「BUTOHスナック第6夜」をライブストリーミングします

生西康典 × 橋本清 × 冨田学 × 松岡大